噛み合わせは大事だから矯正歯科で歯並びをなおしましょう

バナー

噛み合わせは大事だから矯正歯科で歯並びをなおしましょう

歯のトラブルといえば、虫歯や歯周病などを思い浮かべるでしょう。


虫歯は一本も無いけれど、歯並びに自信があると言いきれるかたはどのくらいいるでしょうか。

歯並びが悪くても、痛みを感じなく、特に日常生活に支障がないように見える場合は、治療せず放置してしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかし、一見、日常生活に支障がないように見えても、歯並びの悪さは身体に悪影響を及ぼすおそれがあるのです。

矯正歯科では歯並びを良くすることができます。
それは見た目の美しさだけを求めるものではないのです。
歯並びが悪いということは、噛み合わせが悪いということでもあります。

噛み合わせが悪いとどのようなことが起こるのでしょうか。

まずは、食べ物を噛みにくくなります。

よく噛んで食べることが重要と言われるのは、よく噛むことで消化を助けるからです。よく噛まないで飲み込むと消化不良の原因となってしまいます。

役立つ目黒の矯正の情報探しをお手伝い致します。

また、噛み合わせが悪いとうまく歯を食いしばることができません。

そうなると力が出にくくなってしまうのです。
スポーツ選手は矯正歯科で歯並びをよくしたり、またきれいな歯並びを維持しています。スポーツ選手でなくても、日ごろの活動において、なんとなく疲れやすいといった原因が噛み合わせの悪さにあることもあるのです。


矯正歯科で噛み合わせをよくしたい場合、矯正器具を歯につける方法があることはご存知の方も多いでしょう。

矯正器具を歯につけていることで、矯正歯科に通っているのがわかることもあるでしょう。


矯正器具は目立つものもありますが、最近は目立たない器具もあります。

海外、特にアメリカでは矯正歯科に通うことが当たり前なので特に矯正器具が目立つことは敬遠されないのですが、日本では矯正歯科で歯並びを直すことはそこまで一般的ではないため、目立たない矯正器具が人気です。

透明の矯正器具や、裏側矯正、透明のマウスピースなどさまざまな方法があります。
矯正器具が目立つことで矯正歯科に行くことを躊躇していた方は、目立たない方法を選択してみてはいかがでしょうか。

Copyright (C) 噛み合わせは大事だから矯正歯科で歯並びをなおしましょう All Rights Reserved.